コンタクトレンズのソフトとハードの大きな違いとは?

コンタクトレンズには大きく分けて2つの種類があります。ソフトとハードの違いとは? - ハードとソフトの違い

ハードとソフトの違い

コンタクトレンズには大きく分けてハードタイプとソフトタイプがあります。
どちらにもメリット、デメリットがあります。多くの医師はハードをすすめるようです。
違いをみてみましょう。

ハードコンタクトとは

角膜より小さく、高い安全性があります。目に必要な酸素を供給しやすく、異常があった時も気付きやすいです。
そのため大きなトラブルになりにくいです。視界がクリアでシャープに見えます。長い目でみると経済的です。
また乱視矯正ができます。取り扱いが比較的しやすいのも特徴です。

ハードタイプのデメリット

着けなれるまでに時間がかかります。個人差はありますが、2週間ほどかかります。
脱落しやすくスポーツには向いていません。

ソフトコンタクトとは

角膜を覆うサイズのコンタクトレンズ2Weekや1Dayなどがあります。
素材自体に水分が含まれており、その水分を通して目に酸素を供給します。
装着が簡単で個人差はありますが初めて装着してもあまり違和感がありません。
レンズが外れたりずれたりしにくく、スポーツなどの激しい運動でも落ちにくいです。

ソフトタイプのデメリット

ランニングコストがかかる。1Dayタイプの場合は使い捨てが原則で2Weekならば毎日消毒が必要です。
角膜障害に気づきにくく、乱視矯正ができません。

賢く併用しよう

普段はハードコンタクトを使い、旅行、スポーツなどではソフトを使うといった方法ができます。
ただし、洗浄液や洗浄方法が異なるためきちんと両者の違いを理解しておきましょう。
ケア用品を用意するのが面倒だという人は1Dayのソフトコンタクトを使うと良いでしょう。
基本的に使い捨てなのでスポーツ時や温泉に行くなどの時に使うと重宝します。
jytjdy
医師の多くがハードコンタクトをすすめる理由はやはりハードの方が目に優しいからです。
目に酸素を供給する観点からみた場合ソフトでは長時間の使用に耐えられません。
また目に違和感があった場合もハードの方が気付きやすいです。

どちらを使うか、または併用するのかは医療機関で専門家と相談しましょう。
コンタクトの種類は大きくわけて二つです。
柔らかく大きなソフトコンタクトレンズと硬くて小さいハードコンタクトレンズです。
一昔前のドラマなどで出会いのきっかけになることも多かったコンタクトを落として探している光景を覚えているでしょうか?
その落としたコンタクトレンズは落としても割れないことから考えてもハードレンズと言うことになるでしょう。
だってその特徴的にソフトコンタクトレンズはそんな風に落としてしまうことはないはずですから。

ハードレンズとソフトレンズの違い

tytjt
そのまんま硬いか柔らかいかと言うのがまず大前提ですね。
レンズは角膜のレンズ部分(黒いところ)に張り付けて使用します、ハードの場合急な衝撃などで瞳から落ちてしまうなんてハプニングが起こってしまいがちになることがあります。
落としてしまってもひらって洗えば使えるのですが、傷がついたレンズを使い続けると角膜に傷がつくこともあるので、きちんと消毒してから再使用しましょう。
そしてソフトレンズは柔らかく薄いのが特に大きな特徴で、フィットするようにつけるので落ちてしまう危険は少なくなります初めてでも慣れやすいので使いやすいです。
しかし柔らかいのでひっくり返ったまん着けてしまって目の中でひっくり返ってものすごく痛かったなんて話になることもあります。
手で洗っている時に誤って破ってしまったりすることがあるのもソフトレンズの欠点かもしれませんね。

使いやすさは人それぞれと言ったら無責任すぎるかもしれませんが、まさにその通りなのです。
ずれたり外れたりしやすいハードレンズはその安全性についてはソフトレンズよりも高いのですが、激しいスポーツをする場合には向きません。
ソフトレンズは激しいスポーツでも対応できますが角膜障害になっても気づきづらい欠点は否めません。

おすすめコンタクトショップ

定額制コンタクトレンズならエースコンタクト!
 http://goace.jp/

更新情報

[2015-09-24]
ハードとソフトの違いの情報を更新しました。
[2015-09-19]
コンタクトレンズと相性の悪い花粉症を新規投稿しました。
[2015-09-18]
自分に似合うカラーコンタクトの選び方を新規投稿しました。
[2015-09-17]
眼鏡からコンタクトにするときには?を新規投稿しました。
[2015-09-16]
コンタクトでイメチェン、失敗しない方法を新規投稿しました。
ページ上に戻る